豆知識

  • HOME
  • トピックス
  • 豆知識

~「代議士」の由来~

日本で初めての選挙が行なわれた明治時代は、『貴族院』『衆議院』の二院制でした。
『貴族院議員』は天皇の勅選によって選ばれ、一方『衆議院議員』は選挙で選ばれていたため、国民は衆議院議員に対して「代議士(国民の代表)」と呼ぶようになったのです。
現在でも当時の名残から「代議士」と呼ばれる場合は「衆議院議員」を指す場合が多いようです。

~国会議員と代議士のちがいについて~

よくテレビニュース等で「国会議員の○○さん」「○○代議士」と言うことを耳にします。実は「国会議員」と「代議士」の使い分けがあるようです。

国会議員 国民の投票によって選出され、国会を組織する議員。衆議院議員と参議院議員とがあり、議案・動議の発議・表決、内閣への質問などの権限を有する。
代議士 国民から選ばれ、国民を代表して国政を議する人。特に、衆議院議員をいうことが多い。

(大辞泉より)
※現在は衆議院議員・参議院議員ともに「代議士」を用いられる場合もあります。

~選挙運動と政治活動~

政治上の目的をもって行われるいっさいの活動が「政治活動」と言われています。広い意味では「選挙運動」も政治活動の一部なのですが、公職選挙法では選挙運動と政治活動を理論的に明確に区別しており、それらを定義付けすると次のようになります。

選挙運動 特定の選挙に、特定の候補者の当選をはかること又は当選させないことを目的に投票行為を勧めること。
政治活動 政治上の目的をもって行われるいっさいの活動から、選挙運動にわたる行為を除いたもの。

選挙運動は、それができる期間ややり方などが大変細かく規制されています。これは、選挙運動が過熱したり、金がかかる選挙の弊害を無くするためのものであり、政治活動は、憲法の下に本来自由であるべきものです。
公職選挙法では、選挙運動と政治活動を区別し、政治活動については、選挙運動と紛らわしいもの以外は、原則自由とされています。

つまり、「政治活動」は本会でもできるが、「選挙運動」は政治団体(大阪行政書士政治連盟)にしかできない活動です。
(一宮市選挙管理委員会・加古川市HPより)

~選挙の運動期間について~

公職選挙法には選挙の際に活動できる期間が規定され、この期間に候補者と政党は制限付きの選挙活動を行うことができます。期間は選挙の種類により異なり、各選挙の運動期間は以下のとおりです。

  • 参議院議員の選挙(通常選挙)は17日間
  • 衆議院議員の選挙(総選挙)は12日間
  • 大阪府知事の選挙は17日間
  • 政令指定都市の市長選挙は14日間
  • 大阪府および政令指定都市の議会議員選挙は9日間
  • 政令指定都市以外の市長および議会議員選挙市は7日間
  • 町および村の首長および議会議員選挙は5日間
    ※告示(公示)日から数えての運動期間である。

~公示と告示のちがいについて~

選挙が近づくと「公示」「告示」といったことばをよく耳にします。選挙の場合、いずれも「選挙期日」を公表する際に用いられることが多いですが、実は、きちんと使い分けがされています。

公示 公の機関が、一般の人に広く知らせるために発表すること。
告示 国家や地方公共団体などが、ある事項を公式に広く一般に知らせること。また、そのもの。

選挙の期日を知らせる場合、天皇が国事行為として行う衆議院議員総選挙および参議院議員通常選挙では「公示」が用いられ、選挙管理委員会が行う地方選挙では「告示」が用いられます。

~だれでもできる!選挙運動~

公職選挙法に規定はなく、だれでも行える選挙運動として、次のようなものがあります。

(1) 個々面接
商店を訪れた人に対し、店員が投票を依頼したり、路上や電車の中などでたまたま出会った知人に投票の依頼をしたりすることができます。
(2) 電話による投票依頼
電話を使用して知人や友人に投票の依頼をすることができます。
(3) 幕間演説
映画、演劇などの鑑賞のために集まっている人に対して幕間を利用して演説したり、職場等で勤務のために集まっている人を対象に、休憩時間を利用して演説を行ったりすることができます。
(一宮市選挙管理委員会HPより)

~船の上や南極からも投票できるの?~

指定船舶に乗船して、選挙の当日、日本国外を航行する船員や、南極調査員が投票する権利を確保するため、ファクシミリ装置を用いて投票することを認めたものでそれぞれ「洋上投票」・「南極投票」といいます。この制度は、不在者投票の一種であり、衆議院議員と参議院議員の選挙が対象となっています。
投票の方法は、船内または南極観測基地の不在者投票管理者の管理する場所で、立会人の立ち会いのもと、送信用の投票用紙に記載をし、指定区市町村の選挙管理委員会にファクシミリで送信します。
「洋上投票」・「南極投票」を行うことができる期間は、公示の日の翌日から投票日の前日までとなっています。
(札幌市選挙管理委員会HPより)

~請願と陳情~

府の仕事などについて、意見や要望があれば、文書にして議会に提出できます。このことを「請願」や「陳情」といいます。

請願 議員の紹介が必要です。本会議において「採択」「不採択」等の決定を行います。
陳情 議員の紹介はいりません。受け取られた文書は、直接所管の常任委員会等に送付します。

(大阪府議会HPより)

このページの先頭へ